web制作会社を投じられる予算を中心に選ぶ際のデメリット

必要最低限のクオリティが確保できない場合もある

WEB制作会社によってスキルやサービスなどは全く異なるため、予算を優先して選ぶと、必要最低限のクオリティが確保できない場合もあります。例えば、マーケティングスキルが乏しくて集客につながるホームページ制作ができない、レスポンシブデザインが別料金、SEOの基本設定がされないなどです。決して少なくない予算を投入するので、必要最低限のことは含まれているかどうかチェックしておきましょう。また、制作したホームページを通して、どのような目的を達成したいのかも、あらかじめ考えておくようにしましょう。例えば、ホームページで商品を購入できるようにしたい、お問い合わせフォームをつくりたいなどです。後から要望を伝えると、一気に予算が上がってしまうため注意しましょう。

予算以外のことで不満が出る場合も

予算中心でWEB制作会社を選んだ場合、その時点ではまだ予算以外の項目に目が行き届きにくくなっている状態です。そのため、実際に制作段階に進んだり、運用を始めたりした時に、「こんなはずではなかった」と不満を抱いてしまうケースが少なくありません。例えば、サポートが充実していない、周辺領域のスキルや実績が乏しい、柔軟な対応ができないことなどが挙げられるでしょう。別料金対応が多く、最終的に予算が高くなってしまう場合も。もちろん、予算オーバーの会社を選んだからと言って、全く不満が生まれないという訳ではありません。しかし、予算中心に選ぶ場合は、その他の項目を見落としやすくなるため、幅広い視野を持って、慎重に検討するようにしましょう。